箱根駅伝ランナー番付表 2019年夏

箱根駅伝を〝新たな視点〟で楽しんでいただけるように『箱根駅伝ランナー番付表2019年夏』を編成してみた。箱根駅伝(過去1~3年間)の実績、そのほかの学生駅伝での走り、日本選手権、関東インカレなど個人レースの結果。それらをすべて加味したうえで、箱根駅伝における「キャリア」&「強さ」を評価した番付表になる。箱根駅伝は各区間に特色があるため、比較は難しいが、箱根駅伝が大好きな方々の参考になれば幸いだ。

箱根駅伝ランナー番付表2018年冬

       箱根駅伝ランナー番付表2019年夏

      【東】           【西】
横綱    相澤晃(東洋大4)    浦野雄平(國學院大4)
大関    青木涼真(法大4)    西山和弥(東洋大3)   
      阿部弘輝(明大4)    阪口竜平(東海大4)    
関脇    佐藤敏也(法大4)    中島怜利(東海大4) 
小結    館澤亨次(東海大4)   鬼塚翔太(東海大4)      
前頭筆頭  土方英和(國學院大4)  𠮷川洋次(東洋大3)
同二枚目  𠮷田圭太(青学大3)   ヴィンセント(国士大2)       
同三枚目  中村大聖(駒大4)    伊藤達彦(東京国際大4)  
同四枚目  鈴木塁人(青学大4)   西田壮志(東海大3)   
同五枚目  太田智樹(早大4)    山下一貴(駒大4)
同六枚目  小松陽平(東海大4)   關颯人(東海大4) 
同七枚目  今西駿介(東洋大4)   中谷雄飛(早大2)
同八枚目  彦久保寛也(城西大4)  遠藤大地(帝京大2)
同九枚目  小森稜太(帝京大4)   星岳(帝京大3)         
同十枚目  青木祐人(國學院大4)  西川雄一朗(東海大4)
同十一枚目 飯田貴之(青学大2)   鈴木宗孝(東洋大2)     
同十二枚目 伊東颯汰(駒大3)    坪井慧(法大4)   
同十三枚目 島貫温大(帝京大4)   郡司陽大(東海大4)
同十四枚目 奈良凌介(大東大4)   田中龍誠(東洋大3)
同十五枚目 吉田祐也(青学大4)   宮下隼人(東洋大2)
※留学生は箱根駅伝出場経験者のみ

横綱は今年正月の箱根駅伝4区と5区で区間記録を打ち立てた相澤晃(東洋大4)と浦野雄平(國學院大4)。ふたりは今季も強さを見せつけており、相澤はユニバーシアードのハーフマラソンで金メダル、浦野は5000m(13分45秒94)と1万m(28分25秒45)で自己ベストをマークしている。

大関は前回5区で区間2位(前々回1位)の青木涼真(法大4)と1区で2年連続区間トップを奪った西山和弥(東洋大3)。それから前回3区で区間歴代4位と好走して、今季はユニバーシアード1万mで銅メダルを獲得した阿部弘輝(明大4)と、前回7区を区間歴代5位で走り、今季は日本選手権の3000m障害で優勝を飾っている阪口竜平(東海大4)を選んだ。

関脇は前回1区5位で今季は関東インカレの5000mと1万mで日本人トップに輝いた佐藤敏也(法大4)と、6区を3年連続で好走して前回歴代3位で走破した中島怜利(東海大4)をチョイス。小結は箱根駅伝で初優勝を飾った東海大で1年時から主力として活躍してきた館澤亨次(東海大4)と鬼塚翔太(東海大4)のキャリアを評価した。

前頭以降もかなり悩んだが、箱根駅伝で結果を残していない選手はやや厳しい評価にしてあるので、ご理解いただけばと思う。次の「箱根駅伝番付表」は出雲と全日本の両駅伝とハーフマラソンなどの結果を加味して、2019年冬(12月)に編成する予定です。

※この記事は『ヴィーナスポーツ』に転載しています。