ランニングシューズで急上昇を狙うアンダーアーマーのMGC戦略

20年前、その存在を知っていた日本人はほとんどいなかったのではないか。しかし、現在は日本のスポーツシーンにすっかり浸透している。スポーツ用品・衣料品大手の米アンダーアーマーだ。米国で1996年に創業して、わずか10年ほどで全米を席巻。その勢いは日本国内にも伝播した。日本ではテーピングの輸入販売からスタートしたドームが総代理店になっている。

そのアンダーアーマーが、ランニングシューズへの本格参入を目指している。ナイキ、アディダス、ニューバランスの海外ブランドに、アシックス、ミズノの国内メーカー。さらにはホカオネオネ、オンというニューウエーブがひしめく激戦区だ。レッドオーシャンともいうべき分野で、最後発のアンダーアーマーにはどんな勝算があるのだろうか。

その成否のカギを握るアスリートがいる。9月15日のMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)に出場する岩出玲亜(24歳)だ。彼女は2017年7月、ドームに入社したマラソンランナー。東京五輪マラソン日本代表を決めるMGCには男女合わせて43人が出場を予定しているが、そのなかで唯一、アンダーアーマーのシューズを履いている。

女子は12人しか出場しないことを考えると、「3枠」を突破できる確率は40%(MGCファイナルチャレンジで同設定記録の2時間22分22秒をクリアした選手がいない場合)。国内のランニング市場ではチャレンジャーであるアンダーアーマーだが、なかなか面白いところを突いている。

上級者用のシューズは販売していない

アンダーアーマーは2012年頃からランニングシューズを展開している。現在は大型スポーツ店でも販売しているが、当時は売り場に置いてもらうのもひと苦労だったという。ドームランニング部の藤井雅義部長はこう振り返る。

「実績のあるメーカーの商品を削ってまで、アンダーアーマーを置いてくれるのか。信頼がないので、シューズ置き場のスペースが決まっている以上、新規参入は簡単ではありませんでした。当初は直営店やネット販売が中心だったんです」

少しずつランニングシューズでの認知度を高めたが、ランナーのハートをガッチリつかむところまでは至っていない。なぜなら、アンダーアーマーにはサブ3(マラソン3時間切り)を狙うような上級者が履くモデルがなかったからだ。ランナーでいえばサブ4モデルまでで、主にジョギング用が中心だった。

その状況で実業団チームを退社した岩出が2年前に入社。すぐに彼女がレースで履くための別注シューズの製作が始まった。ただ、その道のりは険しかった。アンダーアーマーのシューズを履いて出場した2018年12月の山陽女子ロードレース・ハーフマラソンで18位(1時間13分49秒)に沈んだのだ。岩出は濡れた路面に足をとられて、優勝した前田穂南(天満屋)に4分半以上の大差をつけられた。

「実は出来上がったシューズのスペックが(オーダーしたものと)違っていたんです。レース直前に気づいたんですけど、このタイミングで言うべきかすごく迷いました。当時は作る側と岩出に距離があったので、腹を割って話せる状況ではなく、そのまま渡してしまって。ゴールした瞬間に、『シューズのせいです』と言われました。正直、信頼を失ったと思いましたね」(藤井部長)

岩出は昨年3月の名古屋ウィメンズマラソンで2時間26分28秒の日本人2位に入り、MGCの出場資格を獲得している。そのときはアンダーアーマーのシューズが間に合わず、他社のシューズを履いていた。山陽女子ロードレースの後、藤井部長は岩出から「他社のシューズがいいです」と言われるも、リトライすることになり、新シューズで今年3月の名古屋ウィメンズマラソンを迎えることになった。

続きは『PRESIDENT Online』で