どうなる男子100m決勝、サニブラウンをとめる選手はいるのか? 9秒台は?

日本記録保持者となったサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)はやはり強かった。日本選手権の男子100m予選5組を10秒30(-0.6)で悠々と駆け抜けると、「止まった方がいいですか?」とミックスゾーンに群がっていた報道陣に逆質問して、笑顔で通り過ぎていく。その表情は自信に満ちていた。

予選の走りでいうと、小池祐貴(住友電工)と桐生祥秀(日本生命)の方がサニブラウンよりもスムーズだった。小池は1組を10秒22(-0.9)、桐生は4組を10秒31(-0.4)。しかし、サニブラウンは準決勝でしっかりと立て直してきた。

準決勝2組で10秒05(+0.1)。2着のケンブリッジ飛鳥(Nike)に0秒15という大差をつける。別格ともいえる走りで大会初日の最終レースを飾り、会場をどよめかせた。

2レースを終えたサニブラウンは、ようやく記者の前に現れた。予選の走りについては、「ピストルが早すぎて、音をしっかり聞き過ぎました。スタートから全然ダメだったので、レース的には話になりません」と苦笑い。それでも準決勝は、「またスタートで遅れたものの、しっかりまとめられたので、まずまず。やるべきことを中盤から後半にかけてできたので、ラストは何もしなくてもスピードに乗れた感じです」と中盤以降の走りに手応えをつかんでいた。

スタートの出遅れはリアクションタイムにも表れていた。サニブラウンは予選が0秒212で、準決勝が0秒180。ケンブリッジの準決勝が0秒129だったことを考えると、かなり遅い。それでも、中盤以降のスピードで他のスプリンターを圧倒した。

「10:05」という数字は、サニブラウンが2年前の日本選手権で初優勝したときと同タイムで、2002年の朝原宣治、昨年の山縣亮太がマークした大会記録と同じ。しかし、「2年前とは走りの内容もそうですけど、気持ちの部分でも違うと思います」と中身の〝違い〟を強調した。

9秒台についての質問が飛ぶと、「まだ今日は出ないですね。明日やるべきことをやれば、タイムは勝手についてくるのかなと思います。スムーズかつ、しっかりスターティングブロックを蹴って、すぐに顔が上がってしまうクセがあるので、しっかり加速が続けられるように、それができればいい。ウォーミングアップから集中していきたい」とサニブラウン。大会記録の大幅短縮、9秒台での決着、9秒97の日本記録更新へ、大きな期待を抱かせた。

サニブラウンの走りは予想していたものに近かったが、準決勝1組で実現した桐生と小池の〝同学年対決〟はやや期待外れに終わった。小池がセカンドベストの10秒09(+0.2)でトップ通過を決めた一方で、桐生は小池とのガチンコ勝負を避けるかのように、終盤は力を抜いて、10秒22の2着で通過したからだ。

続きは『THE PAGE』で