退屈なランニングを楽しくするロンドンの最新RUN事情

ファッション、アート、ミュージックなど〝世界最先端〟ともいえるカルチャーを発信し続けているロンドン。フットボールなどスポーツシーンでも世界中から注目を浴びているが、毎年4月に開催されるロンドンマラソンもすごいことになっている。

今年は男子マラソン世界記録保持者であるエリウド・キプチョゲ(ケニア)が世界歴代2位のパフォーマンスとなる2時間2分37秒で走破した。レベルは世界最高峰で、毎年4万人以上のランナーが出場する。筆者は今年のロンドンマラソンを現地で取材して、その熱狂ぶりに驚かされた。


ビートルズ、ローリング・ストーンズ、クイーンらを生んだ街だけに応援もロックだった。大音量の音楽が流され、沿道とランナーの〝距離感〟が近い。東京マラソンの応援は礼儀正しく、日本人の美しさを思わせるものがあるが、ロンドンはフットボール文化が影響しているのかもしれない。ランナーよりもオーディエンスのほうが盛り上がっているのだ。

そういえば、イギリス国会議事堂「ビッグベン」の着ぐるみをまとったランナーがフィニッシュラインの手前で頭上が引っかかり、なかなかゴールできない映像は世界中で話題になった。東京マラソンは、「スポーツ大会にふさわしくない服装」は禁止されているが、ロンドンマラソンは比較的、自由だ。さまざまなコスチュームのランナーたちが42.195kmの道のりに挑んでいる。

ランナーたちが着用するシューズも東京マラソンと少し異なる。トップクラスはナイキの厚底シューズが多かったのは同じだが、ゴール予想タイムが3時間台後半になるランナーたちのシューズはかなりバラエティに富んでいた。

1分間ずつ3回ほど、市民ランナーがどこのブランドのシューズを履いていたかカウントすると、多い順に、

ブルックス157人、アシックス144人、ナイキ124人、アディダス66人、ニューバランス46人、ミズノ30人、ホカオネオネ22人、オン11人、アンダーアーマー1人、プーマ1人、スケッチャーズ1人、メーカー不明(選別できず)55人、ロングブーツ1人、裸足1人

という結果だった。

日本では少数派といえるブルックスを履いているランナーが多く、日本メーカーであるアシックスの人気も高かった。

ロンドンマラソンは世界屈指のチャリティイベントとしても知られている。

「チャリティランナー」は75%以上(東京マラソンは定員の約15%)で、今年の大会で第1回大会(1981年)からのチャリティ寄付金総額が10億ポンド(約1360億円)に到達した。

チャリティランナーとは身障者支援や自然保護などの慈善団体への寄付を約束することで、出場枠が割り当てられる仕組み。寄付の最低額は日本円で20万~30万円台で、東京マラソンの10万円より高い。

ロンドンでは女子マラソン(2時間15分25秒)の世界記録保持者であるポーラ・ラドクリフを取材する機会があり、彼女はロンドンマラソンの魅力をこう語っている。

「ロンドンマラソンは英国のアスリートにとって本当に特別な大会です。アイコン的で、大会と一緒に育った人たちもいます。寄付金も世界最大ですし、大きなパワーを作り出していると思います」

ラドクリフは第一線から退いたものの、ランニングを続けており、45歳となった現在も美しいスタイルは変わらない。

続きは『PRESIDENT Online』で