9秒台連発のサニブラウンは東京五輪で「メダル」を獲得できるか!?

9秒台突入と同じく、日本記録でもサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)の表情は変わらない。全米大学選手権の男子100m決勝。3位でフィニッシュしたサニブラウンは、電光掲示板でタイムを確認すると、真剣な眼差しのまま次の戦いに向かう。

9秒97(+0.8)というタイムは桐生祥秀(日本生命)の9秒98を上回る日本記録。約45分後に行われた男子200m決勝でもサニブラウンは3位に食い込み、20秒08(+0.8)の自己ベストで走破した。こちらは末續慎吾の日本記録にあと0.05秒と迫る日本歴代2位の好タイムだった。

すべてのレースを終えて、ようやくサニブラウンの顔に笑みがこぼれた。100mについては、「正直、あまり(日本新の)実感はないんですけど、今後はまだ速いタイムは出ると思っているので、その都度、更新していければいい。スタートに関しては今大会わりとスムーズに出れていると思うので、練習してきたことが少しずつ身についているのかなと思います」と話す。200mについては、「正直ガス欠でしたけど、ラストの1本ということで集中して、最初の100mを全力でいきました」と振り返った。

今季は大学南東地区選手権(5月11日)の100mで9秒99(+1.8)をマークして、日本人2人目の9秒台に突入。全米大学選手権の準決勝(6月5日)で追い風参考記録ながら9秒96(+2.4)で駆け抜けると、2日後の決勝で9秒97の日本記録に到達した。

9秒台連発に日本メディアは大騒ぎしているが、サニブラウンにとって、「9秒台」は特別な数字ではない。2年前から「9秒台は出るときにでは出ると思うので」とまったく気にしていなかったからだ。

一躍、東京五輪のヒーロー候補となったサニブラウンだが、本番で「メダル」の可能性はあるのだろうか。

ウサイン・ボルト(ジャマイカ)というスーパースターがトラックを去った後、世界のスプリント種目は混沌としていた。しかし、ここにきて、若くて才能のあるスプリンターたちが台頭している。

続きは『THE PAGE』で