サニブラウンの衝撃9秒台で「日本代表」はどうなる?

横浜で開催された世界リレーは、期待を集めていた男子4×100mリレーが予選でまさかのバトンミス。優勝を目指していた日本は「失格」に終わった。しかし、半日後、海の向こうからビッグニュースが舞い込んできた。

米アーカンソー州で行われた大学南東地区選手権の男子100m決勝で、20歳のサニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が9秒99(+1.8)をマーク。日本人2人目となる9秒台に突入したのだ。

レース後の取材では、「そんなに速く走っている感じはなかった。いつも通りの走りをしてフィニッシュした感じ」とタイムはさほど気にしている様子はなく、「そのうち(9秒台は)出るかなと思っていたので、そんなに考えていなかった」と話している。

東京都出身でガーナ人の父親を持つサニブラウンは、城西高校2年時の2015年世界ユース選手権で100mと200mの2冠を達成。200mではウサイン・ボルト(ジャマイカ)の大会記録を塗り替える20秒34をマークした逸材だ。

同年の北京世界選手権には男子200mで世界最年少となる16歳5か月で出場。2017年のロンドン世界選手権では、男子200mでボルトの最年少決勝進出記録を約6か月更新する18歳5か月でファイナリストとなり、世界を驚かせた。

2017年秋に米フロリダ大に進学するも、右ハムストリングスを肉離れ。昨年は100mのシーズンベストが10秒46と不本意な1年となったが、今年は春先から順調な滑り出しを見せていた。

3月9日に全米大学室内選手権60mで日本記録タイの6秒54をマーク。4月29日には追い風参考記録ながら100mを10秒06(+2.2)で駆け抜けると、5月11日に2年ぶりの自己ベストで10秒の壁を突き破った。

世界リレー2日目の5月12日、競技開始前に土江寛裕五輪強化コーチの囲み取材があった。そこで土江コーチは、「いつでも(9秒台が)出る選手だと思っていました。レースの映像を見ましたが、そんなにアクセスをふかしてない。リラックスして、あのスピードをだせるのが彼の強み。日本選手権あたりで、とんでもないタイムが出るんじゃないですか」とサニブラウンについて話していた。

土江コーチは、チームジャパンのミーティングでサニブラウンの9秒台に触れていないというが、選手たちの反応はどうだったのか。

世界リレーの男子4×200mリレーで1走を務めた宮本大輔(東洋大)は、「2年ほど前から出せる要素を持っていたと思うので、9秒台が出たと聞いて、そこまで驚きませんでした」と素直な感想を口にした。そして、「誕生日が1か月違いなので、ほぼ同学年。そういう選手が日本人2人目となる9秒台を出して、また離されてしまったんですけど、しっかり食らいついていきたい。階段を登っていかいないと高いところに到達しないので、少しずつ上げていきたいです」とサニブラウンの活躍に大きな刺激を受けた様子だった。

年下の宮本は追いかける立場だが、日の丸を背負ってきた先輩スプリンターたちの胸中は穏やかではないだろう。

続きは『THE PAGE』で