大迫傑は東京マラソンで日本記録を再度更新できるのか!?

3月3日に開催される東京マラソン。最大の注目は大迫傑(ナイキ・オレゴン・プロジェクト)の走りになるだろう。昨年の大会は設楽悠太(Honda)の〝1億円ゲット〟に沸いたが、大迫は昨年10月のシカゴマラソンで設楽のタイムを21秒上回る日本記録を樹立。今回、再びの〝日本新〟が期待されている。

5000mで日本記録を持つスピードランナーは、42.195kmを走る度にタイムを短縮してきた。17年4月のボストンが2時間10分28秒、同年12月の福岡国際が2時間7分19秒、昨年10月のシカゴが2時間5分50秒。文字通り、右肩上がりを続けている。

大会側は、第1グループを1km2分57~58秒ペース(2時間4分30秒~2時間5分10秒相当)、第2グループを1km3分00秒ペース(2時間6分35秒相当)で進めたい意向を持つ(当日のペースは前日のテクニカルミーティングで決定する)。今大会は唯一の大会マルチ優勝者(14年、18年)であるディクソン・チュンバ(ケニア)ら2時間4分台が4名、同5分台も2名が出場予定。終盤までトップ争いを演じることができれば、日本新は十分に射程圏内だ。

しかし、大会2日前の「プレスカンファレンス」で、大迫はいつも以上に〝慎重〟だった。

男子6名の登壇者に目標タイムを書き込むためのボードが手渡されると、大迫は「??:??:??」と書き込んだ(他の5名は具体的な数字を書いている)。その理由について、「これまでもタイムを気にして走っていません。気象条件やペースに左右されるので、そこにこだわりすぎると力んでしまうので」と説明したが、これは想定通り。

過去3回のマラソンでも「目標タイム」は決めていなかったからだ。

それより気になったのは、どの位置で走るかと聞かれて、「状態が良ければ(第1集団に)ついていくし、悪ければ後ろ(第2集団)からいく。毎度のことだけど、自分のカラダと対話して決めたいです」と答えたことにある。

「僕は出場する大会でしっかりと優勝争いができる選手になりたいんです。オリンピックや世界選手権、それからワールドメジャーズで結果を残そうと思ったら、そういう力をつけていかないといけません。タイムは後からついてくると思っています」というのが彼のマラソンランナーとしての矜持。これまでは自身の現状を踏まえて、「優勝争いができるレース」を選んできたが、今回はさほど状態が良くない可能性がある。

続きは『THE PAGE』で