全日本で3位に終わった東洋大の〝逆襲〟はあるか? 4位以下の戦力もチェック

青学大の完勝に終わった全日本大学駅伝。王者と競り合ったのは東海大だけで、3強のひとつに挙げられた東洋大は〝勝負のステージ〟に立つことができなかった。レース前日、東洋大・酒井俊幸監督は、「6区終了時で2分差ならチャンスはある」と話していた。自信にあふれた言葉のように感じたが、いま思うとチームの〝苦悩〟が隠れていた。

7~8区に出場するエースに対しての期待感と、チームを鼓舞するための言葉選び。逆読みすると、6区までに「2分差」で食い止めたいという弱気な気持ちだ。

区間エントリーは、1区田上建(2年)、2区西山和弥(2年)、3区今西駿介(3年)、4区浅井崚雅(2年)、5区渡邉奏太(3年)、6区鈴木宗孝(1年)、7区𠮷川洋次(2年)、8区相澤晃(3年)。補員に小笹椋(4年)と山本修二(4年)。過去のキャリアを考えると、1、4、6区が交代の候補かと思われたが、ふたりの4年生が入ったのは別の区間だった。

小笹が5区で山本が7区。前年の全日本2区で区間2位と好走した渡邉と、今年の出雲6区で区間賞を獲得した𠮷川。ふたりの10000m28分台ランナーが当日変更で外れた。青学大と対峙するには、明らかに駒不足だった。

しかも2年生エースが失速する。1区田上は青学大と15秒差で滑り出すも、2区西山がまさかの区間14位。青学大に急接近したいところで、早々と優勝争いから脱落した。

それでも3区今西と5区小笹は青学大勢と互角の走りを見せて、順位を押し上げると、7区山本で3位に浮上。8区相澤は区間賞を奪い、鉄紺のタスキが意地を見せた。優勝した青学大とは2分46秒差。ほぼベストメンバーを組むことができた青学大に対して、東洋大は2枚落ちといえる状況。さらに西山の不発もタイム差に表れた。

続きは『webスポルティーバ』で