全日本大学駅伝〝3強対決〟の行方は? 区間エントリーからレースを予想する

今回で第50回大会の節目を迎える全日本大学駅伝。大会2日前の昨日(11月2日)、出場校の「区間エントリー」が発表された。前回までは1区(14.6km)、2区(13.2km)、4区(14.0km)、8区(19.7km)に主力を配置するのがオーソドックスな戦術だったが、今大会から中継所が変更。1区9.5km、2区11.1km、3区11.9km、4区11.8km、5区12.4km、6区12.8km、7区17.6km、8区19.7kmという距離設定になる。

7区(11.9km)が5.7km延びた一方で、前半部分の〝メリハリ〟がなくなり、区間配置が難しくなった。「先制攻撃」か、それとも「終盤重視」か。今大会の〝3強〟といえる青学大、東洋大、東海大の区間エントリーから伊勢路のレース展開を予想してみたい。

全選手の状態を把握しているわけではないので、当日変更を予想するのは難しいが、選手交代を考慮して、3強の〝戦略〟を解説したい。

まずは今季2つめの優勝を狙う青学大だ。1区と7区の変更が有力で、そこに出雲1区で区間賞を奪った橋詰大慧、同3区で区間2位と好走した森田歩希の起用が予想される。最終8区も出雲でアンカーを務めた竹石尚人に変更する可能性があり、スピードのある小野田勇次を2区にぶつけるオーダーも考えられる。

いずれにしても盤石の布陣といえるだろう。注目は「1区橋詰」と4区林奎介だ。出雲と同じように1区で抜け出すことができれば、2区以降も強力メンバーが並ぶだけに、そのまま逃げ切ることができる。そして学生駅伝は今年の箱根(7区区間新)しか経験していない林がどんな走りを見せるのか。5区、6区は日本インカレの1万mと5000mで日本人トップに輝いた吉田祐也と𠮷田圭太で、「7区森田」もライバル校にとっては嫌な配置だ。

続きは『VenuSports』で