四つんばいスパートにフラフラ途中棄権 駅伝は選手の「思い」と「安全」を守る対策が必要だ

10月21日に行われたプリンセス駅伝(全日本実業団対抗女子駅伝予選会)は、「駅伝」というスポーツの〝危険性〟がフィーチャーされる大会になってしまった。まずは2区(3.6km)で負傷した岩谷産業の飯田怜がタスキをつなぐため、四つんばいになってレースを続けたことが賛否を巻き起こしている。

飯田は中継所まで約250mのところで転倒。その後はタスキを左手に持ち、両手と両膝を使ってアスファルトの上を進んだ。飯田の両膝からは血がにじみ、次走者の今田麻里絵はサングラスを上げて涙を拭った。このシーンを見て、「感動した」という視聴者もたくさんいたことだろう。

異変に気づいた廣瀬永和監督はすぐに主催者側に棄権することを伝えたものの、飯田がレース継続の意思を示したため、担当者が再度、監督に確認作業を行った。その間に中継所まで残り約15mのころまで進んでいたため、競技が続行されたという。レース後、廣瀬監督は、「誠に遺憾であり、大会運営の改善を願う」とするコメントを発表した。

タスキはどうにかつながったものの、飯田は右脛の骨折で全治3~4カ月と診断された。選手の奮闘に称賛が集まった一方で、主催者には「やめさせるべきだった」との批判も寄せられている。20年近く駅伝を取材してきた身としては、廣瀬監督の言い分も理解できる。だが、今回はランナーの意識がハッキリしていた。「アスリート・ファースト」という観点からも、審判員の判断は妥当だったと思う。もし、この状態で審判員が選手にストップをかけていたら、それはそれで大騒動になっていたはず。飯田も両膝の擦り傷以上の〝傷〟を負ったかもしれない。

続きは『Business Journal』で