サプライズのない箱根駅伝予選会で浮き彫りになった〝世代交代〟の波

第95回箱根駅伝予選会が10月13日、東京・立川で行われた。例年、予想外の展開が待っているものの、今回は有力校の落選はなし。エントリー選手の1万m上位10人(参加資格タイム)の平均タイムで上位9校(駒大、順大、明大、中大、山梨学大、國學院大、神奈川大、国士大)がスンナリと通過した。残り2枠も、ボーダー付近の戦いが予想されていた東京国際大と上武大で、通過校の顔ぶれに驚きはなかった。そういう意味では非常に珍しい大会だったと思う。

曇り空で気温17度というコンディションは走りやすく、トップ集団の5km通過も14分32秒とさほど速くならなかった。レースを乱す要因がなかったことで、全体的に安定感のあるレースにつながった。

その中でまず目を引いたのがトップ通過した駒大の強さだ。今回から距離が20kmからハーフマラソン(21.0975km)に延長されたが、20km換算なら上位9人が「60分切り」を果たすほどのレベルで、実質〝史上最速タイム〟だった。箱根駅伝で6度の総合優勝を経験してきた大八木弘明監督も「こんなにいいタイムで走ってくれるとは思わなかった」と上機嫌だった。

東京国際大が6位で通過したのは小さなサプライズだったが、ボーダー争いは戦前の予想通り、創価大、専大、上武大が競り合った。11位の創価大を15km地点通過で専大が39秒差、上武大が2分06秒差で追いかけると、17.4km地点通過では、専大が8秒差、上武大は30秒差まで急接近。最終的には上武大が2校を抜き去り、最後のキップをつかんだ。

終盤に大逆転を演じた上武大と、終盤に転落した創価大。この2校はレースの組み立て、戦略がかなり違っていた。

11年連続11回目の出場を決めた上武大は予選会の走りを得意とするチーム。今回は主力3人がフリーで走り、他の選手たちはグループ走で臨んだ。その結果、チーム10番目の選手が個人総合160位(1時間5分41秒)でフィニッシュ。就任2年目の近藤重勝監督は、「ベストな状態ではない中でも、チームの力を出し切れた。設定通りに走れたのが大きいと思います」と涙を浮かべて通過を喜んだ。

一方の創価大は「選手の自主性に任せる」という判断が裏目に出た。5km通過地点は3位と好発進したが、徐々にペースダウン。チーム10番目の選手が個人総合256位(1時間7分11秒)に沈み、チームも総合15位まで転落した。もう少しうまくペースメイキングできていれば、違う結果になっていただろう。

今回の予選会で大きなサプライズはなかったが、「世代交代」を予感させるような〝結果〟があった。山梨学大と麗澤大だ。

続きは『THE PAGE』で