【大迫傑インタビュー後編】 マラソン成功の理由と強さの秘密を語る

シカゴで日本マラソン界の〝時計の針〟を2時間5分台に動かした大迫傑(ナイキ・オレゴン・プロジェクト)。世界の強豪が集うワールドマラソンメジャーズのレースで3位(2時間5分50秒)という結果については、「わりと冷静で、練習をやってきた成果が出たなという気持ちが強いです」と語る。

オレゴン・プロジェクトはトレーニングに関して「シークレット」を貫いており、大迫も具体的なことは話さない。ただ、3回目のマラソンとなったシカゴに向けて、練習は順調にこなすことができたという。9月4日のレイバー・デイ・ハーフマラソンは、独走で日本歴代9位の1時間1分01秒をマークしている。

「トレーニングに関しては距離も増えて、質も上がりました。その中で、動きを意識しながら取り組んできて、多くの練習ですごくいいフォームで走れたんです。故障につながるような張りも感じなかったことに手応えをつかんでいました。これまでと同じで、レースの流れに沿って、いかに勝負するのか。とにかく10月7日に自分の体調を合わせることだけに集中していました」

その結果が2時間5分50秒の3位。初マラソンのボストン(17年4月)が2時間10分28秒、2回目の福岡国際(17年12月)が2時間7分19秒なので、確実にステップアップしている。3戦目で日本記録に到達した大迫にとってマラソンは簡単なものなのか。それとも難しいものなのだろうか。

「マラソンはシンプルであり、奥深いと感じています。シンプルだと思うのは、やったか、やらないかがもろに出る競技だからです。奥深いと思うのは、スタートするまでの時間の使い方、レースに向かうプロセスが自分にとってすごく意味のあることだと感じている部分です。僕にとってマラソンは自分を見つめられる場所であり、達成感を得られる場所だと思っています」

ピート・ジュリアンコーチによると、大迫がオレゴン・プロジェクトに加入した当初は、モハメド・ファラーやゲーレン・ラップと一緒に練習することに苦労していたという。しかし、今は違う。「モーやゲーレンと勝負することを目指しています」とジュリアンコーチが話すほど成長している。今回のシカゴでも優勝したファラーと終盤まで競り合い、ラップには先着した。大迫はオレゴン・プロジェクトでの進化をどのように感じているのだろうか。

続きは『webスポルティーバ』で