【大迫傑インタビュー前編】日本人初の2時間5分台に突入したシカゴマラソンを振り返る

10月7日のシカゴマラソンで大迫傑(ナイキ・オレゴン・プロジェクト)が2時間5分50秒の日本記録を樹立。今年2月の東京マラソンで設楽悠太(Honda)がマークした記録を21秒更新して、日本人初の2時間5分台に突入した。激闘を終えて、日本に帰国した大迫は、日本マラソン界にとって〝特別なレース〟になったシカゴを振り返った。

スタート時の気温は13度、湿度95%、風速4m。雨上がりのコンディションは、大迫にとって「非常に走りやすい気候」だったという。昨年4月のボストン、同年12月の福岡国際と同じく白のキャップをかぶり、大迫はスタートを切った。ふたりのペースメーカーを含めて、トップ集団にはナイキのオレンジ色のシューズが目立つ。大迫もズーム ヴェイパーフライ 4% フライニットを履いている。世界のメジャーレースを席巻している厚底シューズの最新モデルだ。

高速コースとして知られるシカゴは久しぶりにペースメーカーが復活した。長距離界のスーパースターであるモハメド・ファラー(英国)は「61分半前後」で、前年覇者のゲーレン・ラップ(米国)は「63分前後」でハーフを通過したいと要望。その中間の62分00~62分30秒くらいでペースメーカーが引っ張ることになったという。

「調子も良かったので、(中間点が)61分30秒を切らなければ大丈夫だろうな、という話をコーチとしていました。ただ、ちょっとペースが安定しませんでしたね。ペースメーカーについていた人たちと、ちょっと間をあけて追っていく人たちがいて、結構頻繁に離れたり、ついたりしていましたから。僕はなるべくエネルギーを使わないようにしていましたが、(余計な)力を使った感じはありました」

大迫の5kmごとのラップタイムを見ると、ペースのバラつきがよくわかる。最初の5kmを14分53秒で通過するも、次の5kmは15分19秒にペースダウン。10~20kmは14分55秒、14分44秒と安定したかと思いきや、20~25kmの5kmは15分28秒まで落ちている。

「集団の中で走っていましたし、前にタイム表示板があったので、それほどタイムは気にしていませんでした。ペースの上げ下げはあったんですけど、きつくなるときと、楽になるときがある。その繰り返しがあっただけで、そういうことは練習でもよくあることなので、違和感がなかったというか、普段通りに対応できました」

大迫は細長くなった集団の中でうまくペースをコントロールして、リラックスした走りを心がけていたという。中間点の通過は1時間3分04秒。スタート前の予定より30秒以上遅かった。

続きは『webスポルティーバ』で