日大アメフト部だけじゃない、名門チームの〝闇〟 学生スポーツの指導者はどうあるべきか

日大アメフト部の悪質タックル問題が世の中の話題をさらっている。内田正人監督(当時)と井上奨コーチは、いまだに悪質タックルの指示を否定しているが、「相手選手をつぶせ」と選手を追い詰めたことは認めている。そして29日、関東学生アメフット連盟はこの2人を事実上の永久追放にあたる「除名」とする処分内容を決めたと発表した。

この問題について、私の周囲では、「いつかこういう問題が起こることを心配していた」と話す人が少なくない。なぜなら、球技、陸上、体操などの学生スポーツでは、強豪校であればあるほど、日大アメフト部に近い「指導者」「雰囲気」を持つチームが増える傾向があるからだ。これまでたまたま明るみに出なかっただけで、この件は学生スポーツ全体の問題としてとらえるべきだろう。

今回の問題で、筆者は、ある五輪競技種目において日本トップクラスだった元選手のこんな言葉を思い出した。

「監督としては一流かもしれませんが、人間としては最低です」

その元選手は、恩師に対して、優秀なアスリートに育ててもらったことは感謝していると言いつつ、その一方で人間としては「NO」を突きつけたのだ。

筆者は陸上競技を中心に中学、高校、大学、実業団、プロ、とさまざまなカテゴリーの取材をしてきた。また今回、筆者の実感を裏付けるため、他の競技を取材しているスポーツライターにもあらためて聞いた。そのうえで、学生スポーツの「闇」について取り上げたい。

とんでもない指導者が生まれる理由

学生スポーツの強豪チームには、とんでもない指導者がたくさんいる。たとえば、未成年を預かる身でありながら、「酒やタバコに興味がないのはダメだ」と豪語する監督。不祥事で「謹慎中」にもかかわらず、試合会場に当然のように現れる監督。成績がいいときは饒舌に語るのに、悪いときは逃げるように去っていく監督。自分にだけ取材させ、選手には一切取材させない監督……。

そして、そんなとんでもない指導者の決まり文句が、「選手が成長するため」だ。選手のために私は尽くしている。表向きはそう話すのだが、実態とはかけ離れていることがある。

続きは『PRESIDENT Online』で