ビジネスパーソンは非エリート「川内優輝」の生き方に学べ!

1897年に始まったボストンマラソンは世界最古のフルマラソンだ。4月の第3月曜日、米国の歴史ある街はランナーと彼らを応援する者たちで、お祭り騒ぎになる。そのスケールは東京マラソン以上といっていい。そんな伝統ある大会で日本人ランナーが優勝をさらった。

川内優輝。日本では「公務員ランナー」として有名な男が、世界中を驚かせたのだ。

ボストンマラソンの優勝にどれだけの価値があるのか。ある外国人エージェントは、「テニスの錦織圭がウィンブルドンで優勝するくらい凄いことですよ」と教えてくれた。川内が撃破した相手には、2018年ロンドン世界選手権金メダルのジェフリー・キルイ(ケニア)、同銀メダルのタミラト・トラ(エチオピア)、2016年リオ五輪銅メダルのゲーレン・ラップ(米国)といった世界トップクラスの面々がいる。

事実、川内はボストンを制した後、ケニア人選手など世界各地のレースで勝負しているランナーから写真撮影を求められていた。しかも、川内がフルタイムで勤務する公務員だということも米国のメディアを大いに驚かせている。

現地のテレビ中継で「奇跡の男だ!」と絶叫された日本人ランナーは、これまでその真面目で朴訥としたキャラクターゆえ、「とにかく歯を食いしばって頑張るザ・日本人ランナー」というイメージで見られた。しかし、今や「世界のKAWAUCHI」とリスペクトされる存在になった。彼のこれまでの独自ともいえる取り組みには、ビジネスのヒントがたくさん詰まっている。

練習時間が少なくても結果は出せる

時間がない。環境が悪い。自分には向いていない――。壁にぶつかったとき、そんな気持ちになる人は多い。しかし、川内はそのすべてを自らのマネジメント力で吹き飛ばしてきた。川内は学習院大学を卒業後、埼玉県庁に入庁。その後は、フルタイムで勤務をしながら、主に週末を活用して世界中のレースを走っている。トレーニングの時間を確保するのは簡単なことではない。長期の合宿もできなければ、指導者もマネジャーも栄養士もいないのだ。

川内は現在、埼玉県立久喜高校定時制課程の事務職員として、昼12時45分から夜の21時15分まで勤務している。このため平日にトレーニングができるのは午前中のみ。川内は自身のトレーニングについて、こう語る。

「私は実業団選手のように多くの練習時間を確保できません。強度の高いポイント練習は週2回で、水曜日もしくは木曜日がスピード練習(400mや1000mのインターバル走など)。土曜日に距離走(30~43km)やトレイルラン、日曜日にレースというのが流れです。あとの5日間はすべてジョグになります。ポイント練習は週に2回だけですから、そのときはいつも以上に集中して取り組んでいます。また、仕事に集中することで、競技にも集中できる。効率のよい練習というのは、仕事のおかげで身に付いた部分も大きいと思います」

マラソンに取り組む実業団の選手たちは、合宿を頻繁に行い、月間で1000km以上の距離を走り込む。一方、川内の月間走行距離は600kmほど。限られた時間と環境の中、集中して取り組むことで成果を上げてきた。

続きは『PRESIDENT Online』で