桐生が「9秒台」に到達できた理由と今後の可能性

日本人スプリンターが速報タイムを「9.99」で止めたのは、バンコク・アジア大会(1998年12月)の伊東浩司以来。そのときの公式タイムは「10.00」だったが、今回は「9.98」に変わり、福井県営陸上

続きを見る

世界ランキングで考える、陸上日本記録の〝価値〟 本当に凄いのは?

3年目ライターのMATSUです。世界陸上も終わり、いよいよ秋シーズンが近づいてきました。今回の世界陸上ロンドン大会では、日本はメダル3(銀1、銅2)、入賞2(5位、7位)という結果に終わり、2003年

続きを見る

収益は-25万円? ロンドン世界陸上を取材したスポーツライターの現実

仕事で2週間ほどロンドンに行くんです、そう言うと、ほとんどの人が「いいですね!」とうらやましそうな顔をする。でも自費ですよ、と付け加えたところで、たいていの場合はピンと来ていない。自費で海外取材に出か

続きを見る

男子4×100mリレーの新・勢力地図から見えてきた日本の〝金メダル〟

劇的な展開ながら、日本はロンドン世界陸上の男子4×100mリレーで銅メダルを獲得した。昨年のリオ五輪(2位)に続くメダルで、2020年の東京五輪では「金メダル」の期待が高まりつつある。果たして、その可

続きを見る

18歳のサニブラウンが振り返るロンドン世界選手権2017

男子200mで史上最年少の決勝進出を果たすなど、ロンドン世界選手権で〝特別な輝き〟を放ったサニブラウン・ハキーム(東京陸協)。IAAFのセバスチャン・コー会長から「将来期待のタレント」と評された18歳

続きを見る

Wメダル&トリプル入賞 日本の男子50km競歩はなぜ強いのか

ロンドン世界選手権の最終日。バッキンガム宮殿前付近の周回コースで行われた男子50km競歩は日本勢が圧巻のパフォーマンスを発揮する。荒井広宙(自衛隊体育学校)が3時間41分17秒で銀メダル、小林快(ビッ

続きを見る

男子4×100mリレー〝銅メダル〟の裏に隠れたドラマ

昨年のリオ五輪に続く「メダル」を目指した男子4×100mリレー。日本は1走・多田修平(関学大)、2走・飯塚翔太(ミズノ)、3走・桐生祥秀(東洋大)、4走・藤光謙司(ゼンリン)というオーダーで臨み、38

続きを見る

サニブラウンが男子200m決勝を走った直後に語った〝言葉〟

ロンドン世界選手権の男子200mで、18歳157日という史上最年少でファイナルに進出したサニブラウン・ハキーム(東京陸協)。決勝ではスタートから攻め込んだものの、コーナーを抜けたあたりでリズムを崩して

続きを見る

史上最年少ファイナリストのサニブラウンはメダルを獲得できるのか

朝から冷たい雨が降っていたロンドン。気温14~15度という寒さのなかでも、世界選手権が開催中のロンドン・スタジアムは熱気に包まれていた。決勝種目を除くと、大会6日目(8月9日)をヒートアップさせたのは

続きを見る

3度目の挑戦でセミファイナルに進出した安部が感じた〝世界の実力〟と今後について

400mハードルの安部孝駿(デサント)にとって、ロンドン世界選手権が今後へのターニングポイントになるかもしれない。他の日本勢が苦戦するなか、3回目の世界選手権となる安部は予選(1組)を49秒65の2着

続きを見る

アドセンス広告

運営するサービス

【運営するサービス】
ラブランガールズ
http://www.loverun-girls.com
スポーツバイオグラフィー
http://www.sports-biography.net
スポーツライターズカフェ
http://www.sportswriters-cafe.com

書いた本

【書いた本】

Amazon広告

人気投稿

【最近よく読まれている記事】

人気の投稿

Twitter

BLOGカテゴリー

【BLOGカテゴリー】

カテゴリー